SSブログ

稀勢の里,初の東横綱-序列最高位の東正位の横綱に! [ニュース]

 

 【「相撲界に入ってから、それを目標にやってきた」】


cpt2040.png


大相撲春場所で左肩、左腕上腕部を負傷しながら


強行出場し、衝撃的な2度目の優勝を果たした


横綱稀勢の里(30)が千秋楽から、一夜明けた27日、


大阪・港区の田子ノ浦部屋宿舎で


会見を開き、横綱として初めて過ごした15日間を


「ようやく終わった。一生の思い出になるような大阪場所だった」


と振り返った。



【初日から何連勝しているの?】



稀勢の里は初日から12連勝。優勝争いをけん引したが、


13日目の日馬富士戦で負傷。


取組後、救急車で大阪市内の病院へ緊急搬送された。



東京から知人の医師が駆けつけるなどケアに努め


「いろいろあったが、『やれる』と思った。


そう決めた以上、力を出し切ろうと思った」。






日本相撲協会は1日、大相撲夏場所(14日初日、

東京・両国国技館)の新番付を発表した。


 3月の春場所で貴乃花以来、22年ぶりとなる新横綱優勝を


果たした稀勢の里(30=田子ノ浦)は、


初めて序列最高位の東正位の横綱に就いた。



春場所を途中休場した横綱白鵬(32=宮城野)は、


横綱在位が千代の富士と並ぶ史上2位の59場所


(1位は北の湖の63場所)となった。



ケガを克服してもりっぱな成績を残すなんて!


彼の不動心は、本当に素晴らしいですね!





スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。