SSブログ

  小澤征悦(父は世界的指揮者、小澤征爾氏)ハリウッドデビュー! [演劇]

小澤征悦、大感激ハリウッドデビュー!オーディションで大役獲得 



小澤征悦、大感激ハリウッドデビュー!

オーディションで大役獲得

ハリウッドデビューを果たす

小澤征悦

父は世界的指揮者、小澤征爾氏(79)だ!!

親子とも凄いですね!



 俳優、小澤征悦(ゆきよし、41)が米映画「ザ・フォレスト」


ハリウッドデビューを果たすことに!

来年全米公開されるそうです。


世界的指揮者、小澤征爾氏(79)さんの


癌にも負けない指揮者根性は凄い気迫!!

 

 A2.jpg

 映像はこちらで

 (映画の内容)

自殺が多い富士の青木ヶ原樹海で行方不明になった双子の姉を探す米国人女性が、



死者の魂に翻弄されながら真相を探るミステリーだそうです。


小澤は主演の英女優、ナタリー・ドーマー(33)、

米歌手、レディー・ガガ(29)の婚約者で米俳優のテイラー・キニー(33)

に続く大役をオーディションで獲得。

全編英語で森のガイドを演じるそうです。




俳優デビュー当時から国外での活躍も視野に入れ、




ここ数年は米ロサンゼルスに通い英語や映画を勉強して

東欧のセルビアで撮影中の小澤さんは「日本での経歴など関係なく、

自分の芝居だけで選んでもらえたことは大きな励み」と感激しているそうです。

「ハリウッドは夢だった。これをきっかけにもっと(海外作品に)出演できるようがんばっていきたい。



もちろん日本でも!」と飛躍を誓ったということです。



お父さんに負けない活動を期待しています。 

 

 A!.jpg


http://news.goo.ne.jp/topstories/entertainment/898...より引用
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

トニー賞,渡辺謙さん、主演の「王様と私」でリバイバル作品賞を受賞!  [演劇]

トニー賞渡辺謙さん、主演の「王様と私」でリバイバル作品賞を受賞! 




 米演劇界最高の栄誉であるトニー賞の授賞式が7日夜、


ニューヨークのラジオシティ・ミュージックホールで行われたそうです。

 



渡辺謙さんが王様役で主演したミュージカル「王様と私」は、


ミュージカル部門の再演作品に与えられる


リバイバル作品賞などを受賞したようですね。


watanabe2.jpg
http://www.47news.jp/CN/201504/CN2015042801002250....より引用


 「王様と私」は
主演男優賞の期待がかかった渡辺さんは
 同賞の受賞に至らなかったようです。


 「王様と私」は19世紀のシャム(現タイ)の国王と家庭教師の交流を描いた作品。


1951年に初演の映画化されました。




同作品で王妃役を演じたルーシー・アン・マイルズさんが
「助演女優賞」を受賞したということです。




 授賞式の舞台では、



作品の主題歌「シャル・ウィ・ダンス?」に合わせ、



渡辺さんと英国人家庭教師役のケリー・オハラさんが華麗なダンスを披露し、



会場から喝采を浴びたようです。


watanab1.jpg
http://blog.goo.ne.jp/maru-a-gogo/e/c9cb48566b700e...より引用



俳優・芸能人・役者 渡辺謙(ワタナベケン)
誕生日:1959年 10月21日
星座:てんびん座
出身地:新潟
血液型:A 


◆トニー賞 って何?


米国演劇で最も権威のある賞。

テレビ界のエミー賞、音楽界のグラミー賞、映画界のアカデミー賞(オスカー)

のそれぞれの頭文字を取り「EGOT」と言われる。

1947年にスタートし今年は第69回。全26部門。

日本人のノミネートは、12年に衣装デザイン部門で

石岡瑛子さんが候補になって以来3年ぶり。


俳優部門では59年に「フラワー・ドラム・ソング」に出演したナンシー梅木さん以来56年ぶりとなる。



 ◆王様と私 あらすじ



 1860年代のタイが舞台。王様と、王様の妻や子供たちを教育するために呼ばれた



イギリス人家庭教師の物語。2人は最初は対立しながらも、



互いに理解し合い、恋に落ちていく。「Shall We Dance?」などの名曲が多数含まれる



。初演は1951年で、ロシア出身の名優ユル・ブリンナー(享年65)が主演。


56年には同名映画が世界的にヒットした。



リンカーン・センター内のビビアン・ビューモント・シアターで上演中の今作では、



渡辺が王様、米女優ケリー・オハラ(39)が家庭教師を演じる。トニー賞では

ケリーが主演女優賞候補に挙がるなど、

計9部門で候補になっている。


演出家の宮本亜門氏(57)はWOWOWの生中継に出演した際、



「いいカンパニーで、謙さんがいなかったら、ケリー・オハラはこうならなかった



謙さんのあの顔を見て(作品や共演者の受賞を)本当に喜んでいると思うので、



僕たちが悔しがる必要はないと思います」と語ったそうです。



watanabe3.jpg
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6162829より引用


他人の受賞を
喜べるって渡辺さん凄い!




渡辺謙さんの経歴です

リバイバル作品賞を受賞し

「王様と私」で主役を演じた渡辺謙さん、新潟県出身で55歳です。

高校を卒業して直ぐ、昭和54年、劇団の研究所に入所し

、2年後に舞台デビューしました。


その後、映画やテレビドラマにも活躍の場を広げ、

昭和62年のNHKの大河ドラマ「独眼竜政宗」で主役の政宗役を演じて人気を決定づけました。

そして、平成元年と平成6年に、白血病のため入院しましたが、みごと仕事に復帰し

、平成15年には映画「ラストサムライ」の準主役でキャスティングされ、

初めてハリウッドへの進出を果たしました。

この作品で、渡辺さんは武士道を貫く侍を熱演し

アメリカのアカデミー賞やゴールデングローブ賞の助演男優賞にノミネートされるなど
 
国内外から高い評価を受けました。


その後も、クリント・イーストウッド監督の「硫黄島からの手紙で主演を務めたほか

平成22年には「沈まぬ太陽」

では日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞を受賞するなど

、いまや、名実ともに日本を代表する俳優として知られています。



賞の部門

現在トニー賞には、27部門といくつかの特別賞がある。

プロダクション(Overall Production)

演劇作品賞

ミュージカル作品賞

演劇リバイバル作品賞

ミュージカル・リバイバル作品賞


演技(Performance)

演劇主演男優賞  演劇主演女優賞

ミュージカル主演男優  ミュージカル主演女優賞

演劇助演男優   演劇助演女優賞

ミュージカル助演男優賞 ミュージカル助演女優
 

選考の対象となるには

毎年のエントリー期間中にニューヨーク・ブロードウェイの劇場で公演が開始される必要がある。

受賞者はブロードウェイの関係者700人による投票で決まる。

1947年に始まり1949年から、



演劇部門とミュージカル部門に分かれた。

 

トニー賞はアメリカの演劇界で最も権威ある賞と見なされており


、映画界のアカデミー賞、音楽業界のグラミー賞、テレビ業界のエミー賞、

文学・戯曲におけるピューリッツァー賞と肩を並べる存在となっている。



トニー賞の名前は



女優、演出家、そしてアメリカン・シアター・ウィングの共同設立者である

アントワネット・ペリー(英語版)に由来する。トニー (Tony) は、

アントワネット (Antoinette) の短縮形である。


タグ:渡辺謙
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。